神待ち家出少女は安心して泊まれる場所を何よりも求めています。ぜひあなたが神となって食事や眠る場所を提供してあげてください。当サイトでは、どうやって家出少女と出会うのか、その手段をまとめています

家出少女との神待ち出会い方法をおしえます

05 神待ち少女を家に連れこむ

家出少女を連れ込みやすくするためのインテリアづくり

更新日:

家出少女を連れ込みやすくするためのインテリアづくり家出少女を保護したいと思ったとき、画像を1枚だけ送れるとしたらアナタならどんな画像を送りますか?

もし、ここで「自分の顔写真」を送ろうと考えてしまった人は、神待ち出会いのなんたるかをまったくわかっていません。はい、やり直し!

……かくいうわたしも、最初の頃は「自分の顔写真」を送っていたこともありました。イケメンではありませんが、ブサイクでもないフツメンくらいだと自認(希望的観測含む)していますので、少なくとも嫌悪感を与えることはないだろうと思っていたのです。

しかし、これがまったく上手くいかない! もちろん、状況的に切羽詰った子は寝床と食事目的で来てくれるのですが、顔写真をつけたからといって保護率がアップすることはありませんでした。

そこで、送る画像を「自分の顔写真」から「とある写真」に変えてみたのです。するとどうでしょう。それまでとはうって変わって、家出少女側から「行かせてください!」と頼みこまれることも多くなってきました。

一体どんな写真にかえたら、こんな劇的な効果が生まれたかと言えば……それは「部屋の内装を写した写真」です。家出少女を連れ込みやすくするために、部屋のインテリアはとても重要な要素なのです。

家出少女の目的はとにかく、寝床!

初心者の「神様」はここを大きく誤解していることが多いのですが、家出少女は「アナタ」が目的なのではありません。あたたかい食事と、安心して眠れる寝床をなにより求めているのです。

そんな家出少女に対して、顔写真を送ってなんになるでしょうか。「なにこいつ(笑)顔写真とか送ってきてウケるんだけど」と一笑に付されてしまうだけです。

食事と寝床を提供してもらったお礼として、セックスを提供するのは神待ち出会いにおける暗黙の了解です。

しかし、家出少女はセックスをしたくてしているわけではないのです。仕方なくしていることがほとんどだという現実を認識してください

まるで恋人同士のようなラブラブセックスなんてまず出来ませんからね? リピーターになってくれれば別ですが、家出少女たちは総じてサービス精神が低いことが特徴です。

「若い女の子とタダでセックスできる」という利点に比べたら些細な問題かもしれませんが、過度な期待をしてがっかりするのも損ですからね。

とにかく、家出少女たちは「どんな男か」にはあまり興味が無いのです。それよりも「どんな部屋か」のほうがよっぽど気になるのです。

清潔感のあるベッドはとても大事

特に家出少女たちはベッドの状態を気にします。そりゃそうですよね。見知らぬおっさんが日頃寝ているベッドに好き好んで寝たがる女の子なんていませんから。

見るからに不潔そうで汚らしいベッドであれば、その場で帰りたくなってしまうかもしれません。

ですから、あらかじめ清潔感を与えるベッドを写真に写しておき、それを送ることでなによりのアピールをすることができるのです。

「あ、このベッドなら寝てもいいかな」と思わせればこちらのものです。普通の出会い系でジャニーズの顔写真を載せておくような攻撃力が、清潔なベッドの写真にはあるのです。

とはいえ、ベッドは普段の生活感がもろにでてしまうポイントの筆頭でもあります。通販のカタログのような、過剰なまでの清潔感を求める必要はありませんが、ベッドメイクくらいは出来るようになっておきたいものです。

シーツのシワをピンと伸ばして、掛け布団もなるべくフカフカしてそうな状態をつくりあげます。マクラも1つだけポンと置きましょう。

ここでマクラを2つ並べることはあまり良くありません。2つ並んだマクラは否が応にも「添い寝」を連想させてしまいます。セックスすることは別にいいけど、添い寝はされたくない。そんな風に考える女の子も多いのです(事実、何度も断られました)

ちょっとしたアイテムで演出効果も

家出少女を連れ込みやすくするためのインテリアづくりそしてもっとも重要なのは「ホテルによくある謎の細長い一枚布」を足元にかけておくことです。

これは正式名称を「ベッドスロー」といいます。

欧米では靴を履いたままベッドに横になることがありますので、その際に足置きとしてつかうことでベッド本体を汚さずに済む……という役割があるそうです。

室内に入る時は靴をぬぐことが当たり前の日本人にとっては、馴染みが薄いのも無理はありませんね。

しかし、そのおかげでこの「ベッドスロー」はよくわからないけどなんか高級感がある、という演出効果の高いアイテムとなっています。

きちんとしたベッドスローを買うとシルクやサテン製で結構なお値段がしてしまうのですが、ぶっちゃけバスタオルを伸ばして置いておくだけでいいです(笑)

それだけでもぐっと「それっぽさ」が増すんですよね。清潔感に加えて高級感も出すことが出来るのですから、ぜひやっておきたいテクニックです。

そんな「最高の1枚」を撮ることが出来たら、あとはそれを使い回せばいいだけです。毎回写真レベルの状態にまで整える必要はありません。よほどぐちゃぐちゃになっていなければ、十分です。

居心地の良さを提供してあげる

ベッド以外にも大事な要素としては、いかにくつろげるかという空間づくりです。

とは言えそんなに難しいことではありません。適切な空調と、ソファやクッションなどの「居場所」、そしてアロマの香りでもあれば十分なのです。

エアコンの温度に関しては家出少女の希望通りにしてあげましょう。自分が多少暑かったり寒かったり感じても、一晩くらいは彼女が望む環境を提供してあげるのがやさしさです。

そして、ソファやクッションなどのくつろげる場所も大事です。人の家を訪れたとき「まずどこに座ったらいいか」で気を使うこともありますよね。

家主である神が率先して「ここに座っていいよ」と誘導してあげましょう。「居場所」がどこにもなくて、神を頼るしかないほど追い詰められいていた少女にとって「自分の居場所」ができることは何よりホッとするのです。

最後に大事なのがアロマの香りです。自宅にずっと暮らしていると気づきませんが、家にはそれぞれ特有の匂いがあります。

「人んちの匂い」ってのありますよね。住人の体臭や家具やカーテンにしみついた生活臭など、様々な要因がまじりあって独特の匂いをつくりあげているのです。

特におっさんが一人暮らしをしている家なんて、いい匂いがするわけがありません。アロマの匂いでごまかして、リラックス効果を与えてあげましょう。

「アロマディフューザー」で検索をすれば、Amazonなり楽天なりでたくさん売っています。高機能を求める必要はありませんので、インテリアに合った安いやつを買っておけば十分です。

わたしは無印良品のものを利用していますが、家出少女たちにはとても好評ですね。これのおかげで「リラックスできた。また来たくなった」と思ってくれる女の子も多いようです。

まるでモデルルームのようなオシャレな部屋にする必要はありませんが、清潔感のある部屋にする必要はあります。

いい部屋を提供していい気分になってもらえれば、それだけ「お礼」のほうも丁寧にしてくれる可能性が上がりますからね。家出少女のために部屋をきれいにしてあげるのはもちろんのこと、自分のためでもあるのです。

神待ち家出少女と出会える出会い系サイト


神待ち家出少女と出会うためには、適切な出会い系サイトを、正しい方法で利用する必要があります。

とくに神待ちにオススメの出会い系サイトをまとめましたのでごらんください。

神待ち出会いにオススメの出会い系サイト

-05 神待ち少女を家に連れこむ

Copyright© 家出少女との神待ち出会い方法をおしえます , 2018 All Rights Reserved.