神待ち家出少女は安心して泊まれる場所を何よりも求めています。ぜひあなたが神となって食事や眠る場所を提供してあげてください。当サイトでは、どうやって家出少女と出会うのか、その手段をまとめています

家出少女との神待ち出会い方法をおしえます

01 神待ちの心がまえ

複雑な事情を抱えた家出少女もいることをお忘れなく

更新日:

複雑な事情を抱えた家出少女もいることをお忘れなくあなたは家出少女がなぜ家出をしているのかと不思議に思ったことはないでしょうか?まあ、普通であれば気になってしまいますよね。昔の話ですが、軽い気持ちでなんとなく聞いてみたことがありました。

「なんで家出してるの?親は心配してないの?」

と。ほんとに軽い気持ちで、世間話のような感覚だったんです。ずっと沈黙が流れていて、気まずかったからなんでもいいから話さなきゃ!そんな焦りもありました。

「だってー、親とかチョーうるさいし!勉強なんかしてられないから、お兄さんのとこに逃げて来ちゃった(笑)」

くらいのカジュアルな反応を期待していたんだと思います。もちろん、そんな笑い話やモラトリアム特有の甘えからプチ気分で家出を楽しんでいる女の子も多いですし、そちらのほうが多数派であることは間違いありません。

しかし、中には普通ではない女の子もいるのです。家出の理由は人それぞれではありますが、まさか軽い気持ちで地獄の蓋を開けてしまうことになるとは思いもしていませんでした……。

家出少女は深い闇を抱えている子もいる

その女の子は質問を受けた途端、顔が引きつったように凍りつき、なにも喋らなくなってしまいました。

……といっても、おそらくは4~5秒くらいだったのでしょう。しかし、わたしにはそれは1分くらいの長い長い沈黙に感じたのを今でもよく覚えています。

そして彼女は、部屋の隅っこをじっと見つめながら、こう言いました。

「わたし、親から虐待されてるの」

いわゆる、地雷を踏んだというやつです。やっちまったなあ、と即座に感じました。これは聞いてはいけないことだったと。

ポツポツと彼女は語りだします。父親から暴力を振るわれ、何度もレイプされていること。母親も暴力を振るわれており、娘への性的虐待も黙認していること。あのまま家にいたら殺されるかもしれない、と。

それを聞いている時のわたしといえば、まったくもって現実味が無くふわふわした気持ちで「あー、こういうのドラマとかマンガでみたことあるなあ」なんて感じで、完全に他人事として聞いていました。

実際、他人事ですから仕方ないのですが、いざこういうヘビーな状況に置かれている子を前にしても状況を飲み込むので精一杯で、優しい言葉のひとつをかけてやるでもなく、ただただ黙って聞くことしか出来ませんでした。

当然ながら、その後はなにもする気になれませんでした。

ただ、出前をとってあげて、お風呂を貸してあげて、ベッドを貸してあげて、翌朝には3,000円のお小遣いを渡して、駅まで見送りました。

別に彼女の方から金銭の要求があったわけではないのですが、なぜか自発的にそうしてしまいました。トラウマを軽い気持ちで踏んでしまったことへの贖罪だったのかもしれません。

後にも先にも、家出少女に対して現金を渡したのはこの子だけです。

それ以来、わたしは家出少女が家出した理由や、家庭環境について質問をすることを一切やめました。相手から話してくることもありますが、なるべく深入りはせずに他の楽しい話題に変える努力をしています。

「君子危うきに近寄らず」や「触らぬ神に祟りなし」という言葉がありますが、家出少女との出会いにおいてこの言葉はまさに格言といえるでしょう。

家出少女が行き着く先はセックスワーカー

同じように「知らぬが仏」という言葉もありますが、予備知識として家出少女のバックグラウンドはある程度知っておいたほうがいいでしょう。

そんなの別に知りたくなかったと思う人もいるかもしれません。しかし、より深く知っておけば家出少女がなにを求めているか、どうされたいのかがよくわかりますし、わたしのように不要な地雷を踏むこともなくなるでしょう。

売春少女を保護して親元に返すと地獄を見る――セックスワークさえできない最底辺を生きる女性たち

未成年の家出少女たちが全国から歌舞伎町に集まってきているのはご存じだろうか。彼女たちは行き場をなくし、最後の希望を求めて歌舞伎町へやって くる。家出少女がする仕事の一つが『援デリ』だ。まず、ここで誤解を解いておく。「未成年にセックスワークをさせるなんてとんでもない!今すぐそんなクソ みたいな業者を叩き潰して、少女を保護しろ!」。こんな意見が一般的だ。しかし、これこそがクソみたいな画一的な解決策だ。このような一般論を述べる人た ちは、彼女たちのバックボーンを理解していない。彼女たちは最後の希望を求めて歌舞伎町に来ている。つまり、それまでに彼女たちが何もしなかったわけでは ないのだ。

(中略)

すると、今までセックスワークで何とか稼げていたワケアリ女性たちが、一般女性によって行き場を失っていく。セックスワークは究 極のサービス業であり、ワケアリ女性ではどうやっても一般女性のサービス力には勝てない。今までは社会的底辺に「セックスワークで働く女性」の項目があっ た。しかし、一般女性がそこを食いつぶし、さらに最底辺の項目ができた。「セックスワークでさえも金を稼げない女性」たちだ。この最底辺へ追いやられたワ ケアリ女性たちはどうなるか。さらに劣悪な環境のセックスワークへ移るか、貧困の闇に消えていくことになる。この層へ落ちたら未来はない。元々別の仕事が できない、もしくはそれくらい追いやられている、という女性たちだ。助けてくれる人も当然いない。想像しがたい絶望だ。それでも生きたい。生きなくてはい けない。すると、シングルマザーの口から娘にこんな言葉が出る。「ねえ、風俗で働きなよ」。親子でカラダを売る、未来のない連鎖が始まる。この一部が、先 ほどの家出少女につながるのだ。

http://ddnavi.com/news/316912/a/

なかなかヘビーな話ではありますが、家出少女たちのほとんどはカジュアルに、軽い気持ちから家出を楽しんでいる子ばかりなので、そこまで深刻に捉えることもありません。

しかし、現実として「追い込まれた状況」に置かれている家出少女もなかにはいるのです。

追い込まれてしまっている子はなんとなく雰囲気でわかるんですよね。笑顔は見せてくれるけど、どこかその裏に闇がある感じといいますか、隠しきれていない重苦しい空気があったりするものです。

わたしは、最初そのような女の子を「地雷」と思っていました。なるべくなら関わりたくない、と。わたしは楽しくセックスしたいだけなんだ、と。

ところが、今では積極的に保護したいとさえ思っています。いみじくも神を名乗っているのですから、いたいけな女の子ひとりくらい救えなくてなにが神だ!と。

では、我々は「神」としてどうすべきなのか

もし、そのような悲惨な家出少女を保護することになった場合、我々は「神」としてどうすべきなのか?わたし個人の結論としては「気にしない(気にした素振りを見せない)」ことがベストだと思っています。

変に同情して気をつかったり、あるいは親身になって相談に乗ってあげたりといったようなことは「余計なお世話」だと思うのです。

そもそも、彼女たちはわたしたち「神」にそのようなことを求めていません。あくまでも、ドライな関係を求めていることが多いですし、必要以上に詮索しないことこそが何よりの救いなのです。

神はその名の通りの神であり、はるか雲の上の遠い存在であるべきなのです。

もちろん、彼女たちから要望があればまた別ですけどね。話を聞いて欲しい、というのなら聞いてあげましょう。一般論でなぐさめてあげるだけでも、彼女たちは一時的とはいえ満たされるのですから。

こちらからプライベートに対して余計な踏み込みをしないのは、神待ち出会いにとっての絶対条件だということを、何十回という神待ち出会いを経てわたしは学びました。

彼女たちはあくまでも「一宿一飯が欲しいだけ」ということを頭に入れて忘れずに置きましょう。

そして、出来ることなら多くの人に「神」となってもらいたいのです。先ほどの記事にもあったように、家出少女を取り巻く環境は決して穏やかではありません。

家出少女たちがヤクザに囲われて売春婦として管理・酷使されるような事件はこれまでに何度も起きていますし、そうなってしまった場合は誰からも保護されることのない、社会的弱者なのです。

悲惨な環境に巻き込まれる家出少女を一人でも減らすためにも、我々のような「善意ある神」が積極的に保護をしてあげることで、一人の少女が救われるかもしれないのです。

きれい事かもしれませんが、神待ち出会いにはボランティアのような社会貢献部分もあると思っています。決してそれはおごりでもなく、実際にそうだと実感する場面は多々ありました。

もっとも、セックスという見返りをいただいているのですから……ボランティアとはいえないかもしれませんね(笑)

少しシリアスな話になってしまいましたが、一人でも多くの少女が救われるように、これをお読みの貴方にもぜひ、神待ち出会いに協力していただけたら幸いです。

動機は不純なものでいいんです。少女とセックスをしたい。それでいいじゃないですか。そうすることで、一晩だけとはいえ救われる少女が確実に存在することになるのですから。

神待ち家出少女と出会える出会い系サイト


神待ち家出少女と出会うためには、適切な出会い系サイトを、正しい方法で利用する必要があります。

とくに神待ちにオススメの出会い系サイトをまとめましたのでごらんください。

神待ち出会いにオススメの出会い系サイト

-01 神待ちの心がまえ

Copyright© 家出少女との神待ち出会い方法をおしえます , 2018 All Rights Reserved.