神待ち家出少女は安心して泊まれる場所を何よりも求めています。ぜひあなたが神となって食事や眠る場所を提供してあげてください。当サイトでは、どうやって家出少女と出会うのか、その手段をまとめています

家出少女との神待ち出会い方法をおしえます

05 神待ち少女を家に連れこむ

家出少女が本当に求めている5つの条件

更新日:

家出少女は捨て猫のようなものです。あなたはもし捨て猫を拾ったとき、なにをしますか?

まずは体を拭いてあげて、ミルクをあげて、タオルで寝床をつくってあげる……といった具合ですよね。それは、家出少女に対しても同じことが言えるのです。

家出少女たちが求めているものは何なのでしょうか? 求めているものをこちらから事前に提示できれば「この人はわかってくれている人なんだ」という気持ちを持ってくれて、他のライバルよりも圧倒的に有利になれます。

なにしろ、家出少女たちというのはほんとうに追い込まれているんです。他に頼るところがないからこそ、泊めてくれる人を、ネットで探しているわけです。つまり、彼女たちにとってはもう最後の手段をつかっている状態なわけですね。残された選択肢は野宿くらいしかないのです。

本来であれば何不自由なく暮らせるはずの実家を飛び出しているわけなんですから。そして最初こそ友達の家に泊まったりしてやり過ごしていたものの、さすがに友達からも避けられ始めたり、どうしても泊められない理由ができたりして、ついには頼るところがなくなってしまった状況に置かれているのです。

お金があればネットカフェやファミレスで一晩すごすことはできるかもしれない。でも、そのネットカフェにいくお金すらない。あるいはそのお金が惜しい。と、もうどうすることもできなくなった少女たちが最後に求めるのが、「家出少女を受け入れてくれる神」なのです。

でも、彼女たちにはその神を選ぶ権利もあるのです。なにしろ、神を求める家出少女と同じくらい……あるいはそれ以上に、家出少女を「保護してあげたい」という、なんとも心優しい神さま達がたくさんいるのですから。

ひとりの迷える家出少女が「助けてください」と一声あげれば「ここはわたしが」「いやわたしが」「わたしこそが」と、次々に神様候補たちが手をあげます。どちらかといえば、家出少女たちに選択権があるケースがほとんどです。

神を選ぶだなんてなんとも傲慢な話ではあるのですが……(笑)実際問題として、仕方ないですよね。だからこそ、家出少女が本当に求めているものを事前に知っておくことで、他のライバルたちよりも選ばれやすくなるためのコツになるのです。

その1.家出少女は寝る場所を求めている

当たり前でいて基本的なことではありますが、彼女たちが求めているのはまず寝る場所です。普段、当たり前のようにとっている睡眠ですが「安心して寝れる場所すらない」という状況はとても怖くて不安になるものです。

日中であれば公園のベンチや芝生などで寝ることで睡眠自体は比較的安全にとれるかもしれません。しかし、人間というものはやはり横になってベッドや布団などのきちんとした寝床で睡眠を取らないと身体が持たないものなんです。

ですから、安全な寝床を提供できることがまず第一条件です。それは自宅であろうと、ホテルであろうと、どちらでも構いません。神待ち少女を保護するためには一人暮らしをしていなければならない、といったイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

実家暮らしであったり、あるいは妻や子供と同居している人だってホテルでの宿泊権を提供することで家出少女を保護してあげることが出来るのです。ただ、デメリットとしては別途ホテル代という費用がかかってしまうことですね。

それに安価なビジネスホテルなどはフロントのチェックが厳しいですし、未成年者と一緒に泊まるなんてことはリスクが高すぎますからやめましょう! フロントが無人のラブホを利用するのが安全です。

ご存知の通り、ラブホテルは大きく分けて休憩と宿泊の2つのプランがあり、宿泊の方は割高となっています。地域や曜日にもよりますが、それなりの都市でそれなりにきれいなホテルでしたら8000円~10000円ほどかかったりすることも珍しくありません。

家出少女からの見返りを期待するにしても、なかなかバカにならない出費になってしまいますよね。ただ、平日の日中に時間を取れる人でしたら、フリータイムを利用するという手もあります。多くのラブホテルは朝方から夕方くらいまでの間に割安料金で10時間程度滞在できるフリータイムプランがあったりします。

これをうまく利用できれば宿泊料金の半額くらいで同じくらいの時間、滞在できます。それに、家出少女たちは生活のリズムが崩れている事が多く、夜型になっていて日中に熟睡する子も珍しくありません。6時間もあれば家出少女たちがぐっすりと睡眠をとって疲れを取るには十分な時間といえるでしょう。

もっとも、一番いいのはやはり自宅です。なにしろ別途発生するお金というものがまったくありませんからね。その日だけは普段つかっているベッドを家出少女たちに譲ってあげましょう。

自分はソファであったり、床に座布団やクッションを並べた一時的な寝床でしのぐといいでしょう。もし、定期的に家出少女を保護するつもりであれば布団やエアベッドなどを常備するのもいいですね。

自宅をエサに家出少女を釣る方法は「家出少女を連れ込みやすくするためのインテリアづくり」をごらんください。

その2.あたたかい食事は喜ばれる

寝床を提供してあげることで彼女たちは安心します。よかった、これで今夜はあちこち探さずにゆっくりできる……。そんな安心感を得ると、不思議とおなかが急に空いてくるものなんですね。

なにしろ今日の寝床にすら困るありさまなのですから、食事だってろくなものを取っていないことが多いです。家出少女たちは後先を考える能力に欠けている子が多いので「しばらくどうなるかわからないから節約しなきゃ!」なんて考えがないのです。

手持ちに1000円しかないのに、マックで800円もする高級バーガーのセットを平気で食べたりする(※実話です)んですから……恐ろしいものです。

お腹をすかせた家出少女たちには、あたたかい食事を提供してあげましょう。あたたかい食事というのは家族団らんのような例え話ではなく、物理的にあたたかい食事のことです。冷たいおそばや冷えたおにぎりなんかではダメなんです。

人間の本能としてあたたかい食事をとることで、心も体もリラックスすることができます。たとえば冬にホットココア何かを飲むと、心もなんだかポカポカした気持ちになったりしますよね。

家出少女たちにポカポカした気持ちになってもらえれば、彼女たちからの見返りやお礼もより期待できることになるでしょう。

腕に自信があれば手料理を振る舞ってあげるのもいいですね。なにしろ彼女たちは愛に飢えています。親からの愛が足りないからこそ、家出してしまい寝床をもとめて夜の街をさまよい歩くことを強いられているわけです。

彼女たちは好き好んで家出を楽しんでいるわけではありません。しかたなく、そうなってしまっている状況なんです。だからこそ、彼女たちをあたたかく包んで迎えてあげてください。

「情けは人のためならず」という言葉がありますよね。

間違って覚えている人も多いのですが、これは「情けをかけて手伝うことはその人のためにならない。だから放っておくのが良い」という意味ではありません。

正しい意味は「情けを人にかければ巡り巡って自分に返ってくる。だから自分に情けをかけるつもりで、人に情けをかけるべき」といった実に打算的な意味をふくんだことわざなのです。家出少女を保護するときにはこの言葉を常に念頭においておきたいですね。

その3.シャワーやお風呂で心身ともにリフレッシュ

家出少女たちにとって、シャワータイムは実に貴重な機会です。睡眠は公園のベンチなどで無料でとれますし、まずは生きるために不可欠な食事からお金を使います。

そのため、シャワーやお風呂は家出少女たちにとっては後回しにされがちなのです。この時代、銭湯というものも珍しくなってきましたからね。若い女の子であれば、銭湯の入り方すら知らないかもしれません。シャワー付きのネットカフェなんかもありますが、そこに行くお金があるならそもそもそのままネットカフェで過ごせますからね。

ですから、家出少女たちを保護した時というのは、数日間ずっとシャワーを浴びていない、なんてこともよくある話なんです。そんな時にシャワーやお風呂を好きに使っていいよ、というのは大変に喜ばれます。

その時、自分が普段つかっているシャンプーだけではなく、女性用のシャンプーとコンディショナーを用意しておくといいでしょう。いまやラブホテルではいろんなシャンプーやコンディショナーを取り揃えており、電話ひとつでフロントから好きなシャンプーをもってきてくれるサービスが当たり前になっています。アメニティの充実は女性にとってとても魅力的にうつるのです。

ラブホ並の品揃えを確保する必要はまったくありません。なにか、容器がかわいらしい「いかにも女性向けなシャンプー」をセットで用意しておけば大いに喜ばれます。わたしは「ベーネ」というシャンプーとコンディショナーを用意していますが、近所のドラッグストアで安かったから、というのが理由です。

家出少女が本当に求めている5つの条件

容器もそれなりに高級感があってかわいらしいですからね。大事なのは「普段、男がつかっているシャンプーを使いたくない」という女性の心理を満たしてあげることです。

さらに、女性向けのシャンプーとコンディショナーが用意されているということは「わたし以外にも何人か来ている女の子がいるんだ」といった安心感を与えることも出来て一石二鳥です。シャンプーとコンディショナーなんてセットでも1500円くらいですから、費用対効果としては非常に優れています。

それに、相手は年頃の女の子なわけですから。何日もシャンプーせず身体も洗わずというのは女の子としてのプライドにもかかわるわけです。わたしたちは毎日シャワーやお風呂を利用しますが、毎日つかっていてさえも「はー、さっぱりした」という開放感を味わえますよね。

家出少女たちにとってはその何倍……いえ、何十倍もの開放感とスッキリ感を味わえるわけですから、自然と笑顔がこぼれることになるでしょう。

それに、こちらとしても不潔な状態の家出少女をベッドにあげるのは嫌ですからね(笑)もし「お礼」をしてくれるとなったときを考えても、必ずシャワーは浴びてもらいましょう。家出少女たちのためでもありますし、我が身のためでもあります。

その4.生活に便利な小道具や必需品

必ずしも必要ではないけれど、あったらよろこばれるもの」を紹介したいと思います。細かいところに気が利く印象を与えることが出来れば、家出少女たちにとっては非常にポジティブな思い出になります。

もし、彼女たちがまた寝るところに困ったとき……。「そうだ、もう一度あの人のところに泊めてもらおう」と思ってもらえるような「リピーター」の獲得に大きな効果を発揮しますので、特に保護をしてあげたくなるようなお気に入りの家出少女にはこういったオプションを提供してあげるのもいいでしょう。

使い捨ての歯ブラシ・ティッシュ・ハンカチやハンドタオル・ヘアゴムなど

100均で売っているような安物で構いません。場所をとるものでもないですし、家に常備しておいて別れ際にあげることでとても喜ばれます。わたしは透明な袋に簡易的なラッピングをして「はい、これ持っていきなよ」と渡しています。簡易的なお泊りセットのようなものですが、これがすごく好評なんですよね。

受け取った家出少女たちは必ず笑顔になって「えっ、いいの!?ありがとう!」と大いに喜んでくれます。こういった衛生用品というのはどうしても食事などの必需品の前には後回しにされてしまいがちですからね。

特にウェットティッシュは用途が広くて喜ばれますね。要は旅先のホテルでアメニティとして置かれているものを想像すればいいのです。ヘアゴムなんかも男としては縁のないモノなので忘れがちですが、女性にとっては必要になることが多いです。

新しい下着やTシャツなど

家出少女が本当に求めている5つの条件Tシャツならまだしも、さすがに女性用の下着を常備しておくのは「いかにもな感じ」がしてしまっていい印象を与えるとは限らないので注意が必要です。もしもの時用に用意しておくくらいでいいでしょう。

あるいは、一緒にコンビニなどへ買い物へ行くときに「新しい下着でも買っておく?」とさらっと提案してあげることで「それならお願いしちゃおうかな」といった具合で自然に買ってあげることができます。

彼女たちは洗濯すらままならないですし、脱いだ服をそのたびに持ち歩いていては荷物になりますので、こういった気軽に使い捨てが出来る下着があると嬉しいそうです。

ちなみに100均には使い捨てのブラやパンツなんてものも売っています。彼女たちも見ず知らずの男から貰った下着をずっと使いたくはないでしょうから、家出少女としてはこちらのほうが嬉しいかもしれませんね。パンツであれば5枚組などで売っていますので1週間程度は乗りきれるようになるとおもえば、非常に便利な品であることは確かです。

生理用品

男からするとつい忘れがちになってしまいますが、生理用品というのはまさに必需品です。個人差もありますが、生理がはじまると1週間前後はナプキンなりタンポンなりを使用することになります。

生理はだいたい月に1度きますので、月の1/4は生理用品をつけていることなるわけです。単純計算でいえば、保護した少女の4人に1人は生理中だったりもしくはそろそろ生理の可能性があるのです。

そういった子たちにとって生理用品というのは食事よりも優先されることがあります。ですから、家に生理用品を常備しておくのはもちろんのこと、こちらもコンビニやドラッグストアで買い物するときにそれとなく「生理用品は大丈夫?」と聞いてあげましょう。

男の口から「生理」とはなかなか言いづらいものですが、だからといって変に言い方を変えると逆に恥ずかしくなってしまうそうです。「月のモノ」だとか「女の子の日」なんてのは女性同士で言う言葉であり、男性から言われるとゾッとしてしまうんだとか。その昔は生理用品のことを「アンネ」と呼ぶ隠語のようなものがありましたが、今の若い子には絶対通じないことでしょう(笑)

生理用品は人それぞれ「これがいい」というお気に入りが決まっています。緊急時には贅沢をいってられませんが、出来れば彼女たちが普段つかっているものを提供してあげたいですからね。

お菓子

家出少女たちは泊まるところにも困るくらいに追い込まれていますので、お菓子だなんていうのはまさに贅沢品。お菓子を買うお金があったらおにぎりなどの食事だったり、ネットカフェの利用代金にあてますからね。

家に沢山のお菓子を常備しておくことで、彼女たちはまさに童心にかえって……というよりも、年頃の女の子そのままに大いに喜んでくれます。決して生活必需品ではないからこそ、お菓子を食べる余裕があるという人間らしい生活に喜びを見出すわけですね。

別れ際にはアメなりチョコなりを好きなだけもっていっていいよ、と言ってあげるのも好印象でしょう。事実、わたしは家に大量のお菓子を常備しています。Amazonや楽天で箱買いしているくらいです(笑)

お菓子食べ放題、というのはやはり子供にとっては一つの夢でもありますし、高級レストランにつれていってあげるよりもよっぽど喜んでくれます。これが気に入って「リピート」しにきた、という女の子も多いですね。家出少女たちはまだまだお子様なのです。

その5.なにより気にかけてくれることを求めています

これまでは求めている物を紹介してきましたが、彼女たちがなによりも求めているのは「物よりも者」なのです。「自分のことを気にかけてくれる人」を一番つよく求めています

そもそもなぜ家出をすることになったのか? 複雑な家庭環境など、いろいろな事情があることでしょう。それこそ10人いれば10通りの理由があるはずです。しかし、そのどれにも共通しているのは「わたしのことをもっと見て欲しい、気にかけて欲しい」という気持ちです。

わたしのことをもっと心配してほしいから家出という手段にでるわけですね。素直に話し合いができないから、極端なアクションを起こしてしまうのです。いわば「かまってちゃん」なのです。

ですから、まずは彼女たちの話を聞いてあげてください。自分と向き合ってくれる大人は彼女たちにとってとても貴重な存在であり、まさに神のごとくうつることでしょう。

話を聞けばいろいろと思うところがあるかもしれません。「なんだそれは、ただの小娘のわがままじゃないか」や「そんなくだらないことで家出をしたのか」と。でも、だからといって正論や一般論をふりかざして彼女たちを叱ったり説教したりなんてことは絶対にしてはいけません。

彼女たちだってわかっているのです。自分のしていることが間違っていることだということくらいは。だから、わかっていることをわざわざ見ず知らずの他人に怒られたくはないわけです。

ただ、黙ってうなずいて話を聞いてあげましょう。そして「大変だったね、つらかったんだね」と、ひたすら彼女たちに同意をしてすべてを認めてあげましょう。そうすることで彼女たちは安心し、救われるのです。

そうすれば彼女たちだって心を開いてくれます。もっとも、開いてくれるのは心だけではなく、もっと違うところも開いてくれることでしょう。そうなればお互いが満たされ、幸せになれるのですから、神待ち出会いって本当に素晴らしいものだと思いませんか?

神待ち家出少女と出会える出会い系サイト


神待ち家出少女と出会うためには、適切な出会い系サイトを、正しい方法で利用する必要があります。

とくに神待ちにオススメの出会い系サイトをまとめましたのでごらんください。

神待ち出会いにオススメの出会い系サイト

-05 神待ち少女を家に連れこむ

Copyright© 家出少女との神待ち出会い方法をおしえます , 2018 All Rights Reserved.