神待ち家出少女は安心して泊まれる場所を何よりも求めています。ぜひあなたが神となって食事や眠る場所を提供してあげてください。当サイトでは、どうやって家出少女と出会うのか、その手段をまとめています

家出少女との神待ち出会い方法をおしえます

03 神待ちデート

いま、フリマアプリで盗品を売りさばく家出少女が増えています

更新日:

いま、フリマアプリで盗品を売りさばく家出少女が増えています

わたしはまだ一度も経験がないのですが、神様の中には家出少女から盗難被害を受けてしまう人もチラホラいるそうです。

それは現金だけではなく、腕時計や貴金属だったり、携帯用ゲーム機だったり、一眼レフのような高級カメラなどなど。金目のもので、持ち運びしやすい小型のものは狙われやすいようですね。

最近、メルカリというCMをよく見かけませんか?スマホがあれば誰でもカンタンに出品できて、誰でも落札することができる、インターネット上のフリーマーケットのようなアプリです。

ヤフオクをもっとシンプルにして誰でも使いやすくしたようなものですね。

若い女性の間では、このメルカリをはじめとするフリマアプリが相当浸透しているようでして、家出少女は特に利用している確率が高いです。それは、少しでも現金を得るチャンスが欲しいからですね。

現金が欲しい家出少女たち

ちょっと前の家出少女たちであれば、物品を盗んだとしても現金化する手段がありませんでした。盗品を質屋に持ち込んでも怪しまれますし、そもそも身分証明書がない子ばかりで相手にしてもらえません。しかし、今は誰でもカンタンにメルカリを通じて物品を現金化できてしまうのです。

そのため、家出少女たちが安易な気持ちで神様の家に泊まったついでに物品を盗み出し、それを次々に出品しているんだとか……。

実際に2ちゃんねるなどでは「家出少女から盗まれたものがメルカリに出品されていたから落札してやったwww実家の住所ゲットwwww」なんて話をたまに見かけます。

神を見つければ寝床と食事を確保できるだけではなく、物を盗んで売ればお小遣いまでもらえるのですから、家出少女たちからしたら一石三鳥のようなものです。

これは言うまでもなく犯罪行為です。窃盗罪にあたりますし、被害者からすれば犯人はすぐにわかることでしょう。

しかし……「犯人は昨日泊めたあの子に違いない!」と確信をしたとしても、それを警察に言うことは出来ないのです。

もし通報でもしてしまえば、警察からは「そうですか、わかりました。では犯人を捕まえるためにも、捜査に協力をしてください。……その女性とはどのような関係なのですか?」と、ヤブヘビになってしまうことが容易に想像つきますよね。

家出少女側もそれをわかっているのです。物を盗んでも、相手は通報することが出来ない。それをわかっているからこそ、大胆かつ軽い気持ちで窃盗をしてしまうのでしょう。

それはあまりに悲しいことです。被害にあって悲しいのはもちろんのこと、そんな犯罪行為に手を染めさせてしまったことも悲しいのです。

いくら食うものや寝るところに困ったとしても、人間として越えちゃいけないラインはなるべくなら越えてほしくないですからね。これはわたしたち、神側が自衛することで自分を助けることにもなりますし、少女たちを助けることにもなるのです。

目につくところに高価そうなものは絶対に置かない

盗まれるのは腕時計やゲーム機、カメラなどの誰でも価値がわかるようなものだけではありません。

高価なオーディオ機器や、一部のマニアの間ではプレミア価格がついているようなマイナーな品物だって危ないのです。

いまはヤフオクなりメルカリなりで商品名や型番を検索をすれば、おおよその価値が簡単にわかってしまいます。

「大事そうに飾っている」や「なんかすごく高級そうな見た目をしている」と察知したら検索をしてみる……。そんな空き巣の物色のようなことを、しようと思えば誰でも出来てしまうのです。

それに、ただでさえ食うものや寝るところに困って、行き着いた先が見知らぬ男の家なのです。心細くて仕方ないでしょうし、明日以降のことを考えるとさらに不安になるのも無理はありません。

そんなときに信頼できるのはやはりお金です。お金さえあれば、食うものにも寝るところにも困らない。それは紛れもない事実です。

追い詰められた家出少女の目の前に、手を伸ばせば届く位置に高価なものがあったとしたら……思わず魔が差してしまったとしても、仕方がない部分もありますからね。

そういった「よこしまな気持ち」が芽生えるきっかけをつくらないためにも、高価そうなものは目のつくところに置かないことが大事です。

窃盗の常習犯となってしまった家出少女にだって、初めての窃盗があったはずです。それはきっと、思わず魔が差してしまっただけなのだと思います。

子供が駄菓子を万引きしてしまうのと同じことです。いつしかお菓子では満足できなくなり、どんどん高価なものを狙うようにエスカレートしていきます。

そんな「被害者」を増やさないためにも、わたしたちに出来ることはしておくべきです。

簡易的な金庫を買うのもアリです

小型の金庫を目につくところにおいて、そこに財布などをいれるところを目撃させるのもいいでしょう。

家出少女を泥棒扱いして金庫にしまっている……と思われてしまっては悪印象ですので、きちんとフォローも忘れずに。

「あ、これ?ちっちゃい金庫なんだけど、一人暮らしを始めてすぐに空き巣にあってさ……。そのあとに買ったやつなんだけど、トラウマで金庫にいれる癖がついちゃったんだよね」

と説明すれば、家出少女も不審には思わないでしょうし、窃盗をしようなんて気にはまずならないことでしょう。

金庫は物理的に財布を守ってくれるだけではなく、精神的に「この人からはなにも盗めないな」と、魔が差すような心をロックすることが出来るのです。

ガッシリとした金庫ではなく、小型の手提げ型の金庫で十分なのです。「金庫ごと持ち去られてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、さすがに家出少女といえど開ける手段がなければただのゴミということくらいはわかります。

安いものならAmazonなどで1,500円程度で売っていますし、自分のためにも家出少女のためにも、買っておいて損はないでしょう。

あらかじめお小遣いをあげておく

わたしは気分のいい時や、相手の女の子が好みだった時などは、あらかじめお小遣いを渡すこともあります。せいぜい2,000円か3,000円くらいの微々たる額です。

しかし、それでもネットカフェや牛丼などで節約をすれば明日明後日くらいはなんとかなる額です。彼女たちにとってはとても貴重なお金といえるでしょう。

わざわざ恵んでくれた相手から、ことさらに盗んでやろうという発想がでる人はなかなかいません。いたとしたら、根っからの悪者なのでしょう(笑)

こうすることで盗む理由を無くすだけでなく、相手からも好印象をもってもらえる一石二鳥の手段といえますね。

もともと家に泊めるのなんてタダですし、1回の食事だって高級レストランにいくわけでもないのですから大したことはありません。そこにプラス2,000~3,000円程度でセックスが出来ると思えば、十分に安いものですからね。

それに、多くの神たちはわざわざお小遣いなんてあげたりはしません。

そんな中で「お小遣いをくれた人がいた」という経験はインパクトがあり、忘れがたいものになるでしょう。家出少女が気に入ってくれれば、また来てくれる可能性も高まります。

毎回お小遣いをあげる必要はありません。お小遣いをあげるのが当たり前になってくると、絶対に要求がエスカレートしてきますし、そうなってくればただの援助交際になってしまいますからね。

あくまでもタダか、それに近い格安の金額で少女とセックスできることに意味があるのですから。

盗難を防ぐ方法といっても、露骨な防犯対策のようなものではありません。大事なのは「盗んでやろう」と思わせる心を作らせない環境づくりだということを、心がけてください。

それはあなたのためでもあり、少女のためでもあるのです。

 

神待ち家出少女と出会える出会い系サイト


神待ち家出少女と出会うためには、適切な出会い系サイトを、正しい方法で利用する必要があります。

とくに神待ちにオススメの出会い系サイトをまとめましたのでごらんください。

神待ち出会いにオススメの出会い系サイト

-03 神待ちデート

Copyright© 家出少女との神待ち出会い方法をおしえます , 2018 All Rights Reserved.