神待ち家出少女は安心して泊まれる場所を何よりも求めています。ぜひあなたが神となって食事や眠る場所を提供してあげてください。当サイトでは、どうやって家出少女と出会うのか、その手段をまとめています

家出少女との神待ち出会い方法をおしえます

05 神待ち少女を家に連れこむ

真冬の家出は生死に関わることもあります。一刻も早く、少女を保護してあげてください!

投稿日:

真冬の家出は生死に関わることもあります。一刻も早く、少女を保護してあげてください!

今ぐらいの時期は1年のうちでもっとも寒い時期だと言われています。昼間は陽が差しているとあたたかく感じることもありますが、あくまでもそれは陽のあるうちだけです。夜になってしまえば一気に冷え込んでしまい、東京では1日の気温差が20度になる日もあるのです。

例えば、こんなことがあったとしましょう。

ある晴れた冬の日。気持ちのよい小春日和だったので、コートを羽織らずに出かけた少女がいました。しかし、些細な事から親とケンカをしてしまい、家に帰ることが出来なくなってしまいました。

友達の家に泊めてもらえないかと探し回りますが、どうもタイミングが悪く、なかなか見つかりません。そうこうするうちにすっかり夜もふけてしまい、あたりは真冬の寒さを取り戻します。

あんなに暖かかったお昼と同じ日だとは信じられないくらいの寒さです。昼間は派手に遊んでしまったため、手持ちのお金もほとんどありません。

なくなく彼女は公園で一夜を明かそうとします。しかし、あまりの寒さにとても眠くなってしまい思わず寝てしまいます。そして、そのまま彼女は二度と目を覚ますことはありませんでした……。

なんて悲劇も、あり得ないとは言い切れないのです。事実、雪が降る地域では家出人の凍死事件は珍しいことではありません。

家出の17歳女子、凍死か

 12月31日夜、長野県松本市内の養護学校女子生徒(17)の家族が「(女子生徒が)家を出たまま戻らない」と松本署に届けた。同署などが捜索した結果、1日午後になって、市内の山道で遺体で見つかった。争った形跡や外傷がないことから、凍死した可能性が高いとみて調べている。

 調べでは、女子生徒は31日夕、親と口論になり、トレーナーとジャージーズボン姿のまま現金を持たずに家出したという。

引用:http://www.nikkansports.com

都市部であれば一晩で死に至ることはまずないと思われますが、それでも低体温症や重度の風邪を引いてしまうリスクがあるのです。うら若き乙女を寒空の下放り出すのはあまりにも不憫ではありませんか。

そんなこごえる家出少女たちを救ってあげることが出来るのは、他ならぬ神であるわたしたちだけなのです。あたたかい食事と寝床を提供してくれる様は、文字通り神のごとし存在にうつることでしょう。

冬の時期は神を求める書きこみが増加する傾向にあります

1年のうちでもっとも家出少女を保護しやすいのは8月なことは間違いありません。夏の開放的な気分に加えて、1ヶ月以上の夏休みを謳歌している少女たちは頭もお股もゆるゆるになってしまいます。

その8月に次いで保護しやすいのが今の時期ではないでしょうか。なにしろ、神を求める本気度が段違いなのです。

夏場であればもし神が見つからなくても、公園で野宿をすればいいだけなのです。虫に刺されるくらいはあるかもしれませんが、生死に関わるようなことはまず起こりえません。

しかし、冬場であればまったく状況が違ってきます。わたしも冬の公園で一晩すごしたことが一度だけあるのですが、もう二度としたくないくらいの強烈なトラウマになっています。

よく「しんと静まり返る」なんて表現がありますが、まさにそれなのです。物音ひとつしないのです。動物や虫たちも冬場はほとんど活動しません。聞こえる音は風の音くらいなもの。

風がやんでしまえばあたりは完全な静寂につつまれます。夏の公園では絶対に味わえないその雰囲気は、本能的に「あ、これはヤバいやつだ」と感じます。

じっとしていると手足の先の感覚がなくなってくるんですよね。このまま座っていると危ない。少しでも体を動かさないと大変なことになると、全身から危険信号が発せられるのです。

しかし、それとは裏腹に強烈な眠気にも襲われます。雪山で遭難するシーンでは「寝るな!寝たら死ぬぞ!」というお約束がありますが、まさにそれが現実に起こるのです。

結局わたしは、公園で一夜を明かすことを諦め、夜が明けるまでずっとあてもなく歩き続けました。途中、コンビニで買った温かい缶コーヒーと肉まんのおいしさは今でも忘れることが出来ません。

家出少女たちだって、真冬に外で一夜を明かすことはとても怖いことなのです。なるべくなら……というよりも、絶対に避けたいことです。どうにかして、神を見つけなければなりません。

春や秋の時期ですと、家出少女に手を差し伸べてもすぐには返事が返ってこないことが多いです。これはいろんな神から手を差し伸べられることがわかっているので、ある程度の神が集まるまで待つのをねばり、頃合いをみてその中からもっとも条件のいい神を選んでいるわけです。

神を選ぶとはなんと傲慢な! と感じてしまいますが、まあそりゃそうですよね。家出少女とイイコトしたい神はたくさんいるのですから(笑)

でも、冬場の時期は違います。手を差し伸べれば、すぐに返事が返ってきます。そうなんです。彼女たちに迷ってるヒマなんてないんです。「もしこの人を逃したら今夜は野宿になるかもしれない!」という、追い詰められた気持ちでいるのです。

そのため、神を選んで吟味するなんて贅沢なことはとてもじゃないですがしている余裕はないのです。とにかく、暖かい家で寝ることが出来るのが第一なのです。

つまり、この時期は早い者勝ちで家出少女を保護できることが多いです。神待ち掲示板に張り付いて常にリロードをしておき、いち早く手を差し伸べることができれば、それだけでもうゲットしたようなものです。

そのため、タイミングさえ合えば、無駄なメールを送ることもなく、かつ返事を待つまでのもやもやとした時間にストレスを感じることもなくなるのです。これはかなりのメリットだと思いますよ。

鍋料理と温かいお風呂を用意してあげましょう

この時期に泊まりに来る家出少女たちへのおもてなしは、鍋料理と温かいお風呂と相場が決まっています。これは絶対に喜ばれますよ。

これまでわたしが保護してきた少女たちに人気だった鍋は「キムチ鍋」と「ごま豆乳鍋」がツートップですね。キムチはカプサイシン効果で体が温まりますし、ゴマ豆乳もクリーミーで濃厚な味わいがホッとするようです。

お風呂もなにかしらの入浴剤を用意してあげましょう。わたしのおすすめはKNEIPP(クナイプ)シリーズです。

真冬の家出は生死に関わることもあります。一刻も早く、少女を保護してあげてください!

あまり聞き馴染みのない名前かもしれませんが、ドイツを原産国とするバスソルトです。ソルトと名がつくように、塩が原材料です。天然ミネラル豊富な岩塩とエッセンシャルオイルを配合して出来た入浴剤で、とてつもない保温効果があります。

これをいれたお風呂にしばらくつかるだけで、お風呂からあがってもポカポカしたぬくもりがずっと持続するのです。心から温まるとはまさにこのことか! と初めて使った時はびっくりすることでしょう。

1回分の小袋は120円~150円程度で売られています。お徳用のボトルも売っていますので、わたしはコスパに優れたこちらを利用していますね。薬局やスーパーなどでもよく売っていますので、ぜひ一度試してみてください。

KNEIPPをはじめてつかった家出少女たちからは、口を揃えて好評でした。ずっと寒空の下、凍えてきたのですから、体の芯からポカポカになれるだけでとても幸せな気持ちになれるのでしょう。

少女が幸せな気持ちになれば、神様へのお礼にも気持ちがはいるものです。特に冬は人肌恋しくなる季節なのもあり、1年でもっとも濃厚で充実したセックスが出来る時期でもあります。

それに、これはれっきとした人助けなのです。寒さにうち震える家出少女たちを暖かい家で保護してあげる。これって、素晴らしいことだと思いませんか?

神待ち家出少女と出会える出会い系サイト


神待ち家出少女と出会うためには、適切な出会い系サイトを、正しい方法で利用する必要があります。

とくに神待ちにオススメの出会い系サイトをまとめましたのでごらんください。

神待ち出会いにオススメの出会い系サイト

-05 神待ち少女を家に連れこむ

Copyright© 家出少女との神待ち出会い方法をおしえます , 2018 All Rights Reserved.